CMTが子供に遺伝する確率は、1/2なのですか?

質問
 CMTが子供に遺伝する確率は、1/2なのですか?

回答
 CMTが子供さんに遺伝する確率は、原因となる遺伝子パターンによって
 大きく異なります。

 常染色体優性遺伝(常優)であれば、ほぼ1/2です。CMTの患者さんたちは
 常優遺伝の形式で遺伝する人が多いと考えられていて、一部の先生は
 この形式に当てはまる可能性が高いと考えて、そのように言われること
 があります。

 常優形式以外にも、常染色体劣性遺伝(常劣)やX染色体性遺伝の遺伝子
 パターンが幾つも国内で見つかっています。

 仮に常劣のCMTだったとしたら、両親が親戚同士でなければ子供さんに
 遺伝する確率はほぼゼロになると言われています。

 更にX染色体遺伝のパターンとなると、お子さんの性別によって遺伝する
 確率や症状の重さが異なります。

 常優、常劣とX染色体のどれに当てはまるのかは、ご両親の兄弟姉妹、
 つまり叔父や伯母、その子孫、つまり従兄弟、更には、おじいさんや
 おばあさんの兄弟の情報を確認しなければなりません。

 かなり時間のかかるお話し合いになりますので、通常の神経内科外来
 よりも遺伝相談で30分以上かけてお話をして、説明を聞かれた方が
 良いかもしれません。